もももの婚活記録

35歳から婚活を始め、結婚相談所で出会った男性と結婚しました。

結婚相談所 広中さん㉓決着

水族館。以前広中さんとデートするならどこがいいか話し合った時、水族館や動物園も好き、という話をしたのでした。もしかして、覚えていてくれたのかな…と思わず胸がときめく私。

魚が泳ぐトンネルをくぐり、中に入る。平日の夜の割にはそこそこ人がいるけれど、静かな雰囲気だった。
色んな水槽をゆっくりと見て回って楽しい気分になっていると「ショーがあるみたいですよ」と広中さんが教えてくれた。早速ショーの会場を見に行ってみると、もう間も無く始まりそうだったので、席に座って待つことにした。ショーはすぐに始まった。
冬をテーマにした、光と音楽の演出の素晴らしいショーで、広中さんも楽しそうに見ていた。可愛いイルカのアクションは見応えがあり、泳ぐプールの青い色がとても綺麗だった。
ショーが終わって、夢のようだったな〜とぼんやりしていると、気がつけば周りの人たちは席を立って、ほとんどいなくなってしまっていた。
私たちもそろそろ、と思い、横の広中さんを見るけど、広中さんは席を立とうとしない。「…?」と思いながらしばらく並んで座っていると、広中さんがゆっくり口を開いた。

「…もももさんと、結婚を前提に、お付き合いできたらと思うんですが、いかがでしょうか」

私は驚きのあまり、すぐに答えることができず、俯いた。どうしよう、嬉しい、どうしよう、と若干パニックになり、頭の中が真っ白になってしまった。でも、何か答えないと…!と、何とか頭を整理して、やっとのことで答える。
「…ありがとうございます、嬉しいです」
それから、広中さんの方を向き、
「よろしくお願い致します」
と頭を下げた。広中さんも
「こちらこそよろしくお願いします」
と私と向かい合って頭を下げてくれた。

その後言葉が続かなくて、私が黙っていると、広中さんが今後の結婚に向けてのお付き合いについて話してくれた。まだパニックが続いていた私はもうそれどころじゃなく、うまく返事を返すことができず、その内に沈黙が流れた。このままではきっと不安にさせてしまう…!と思い「すみません、嬉しくて、うまく言葉にならなくて…」と正直に言ったら、広中さんは嬉しそうに笑って、「はい」と言った。

広中さんは私が落ち着くのを待って、しばらくしてから「行きましょうか」と立ち上がり、私に手を差し出すした。私は広中さんの手を取って立ち上がり、手を繋いだまま再び水族館をまわる。

とまあ、そんなわけで、広中さんとお付き合いすることになったのでした


良かったらポチっとお願いします♪励みになります♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング
おすすめ♪
【pairs】
 言わずと知れた人気のpairs♪
オーネット
 本気の婚活するならオーネット♪
パートナーエージェントのEQ診断テスト
 信頼のパートナーエージェント まずは婚活EQ診断から♪
エン婚活
 エンジャパングループが運営するエン婚活 価格設定も魅力的♪

結婚相談所 広中さん㉒行きたいところ

ワンピースの上にコートを羽織り、おろしたばかりのショートブーツを履く。
今日は夕食の約束で、少し早めの時間に待ち合わせだった。

この日は私のリクエストで、ガレットを食べに行くことになっていた。お店は私が指定して、予約は広中さんが入れてくれた。
久しぶりに会う広中さん。でも、私の気持ちはとても静かだった。この日、私は何かしらの決着をつけるつもりでいた。

待ち合わせの時間の少し前に待ち合わせ場所に表れた広中さんと「お久しぶりです」と挨拶を交わしてお店に移動する。
料理とワインを注文して、お互いの近況を話す。広中さんはやっぱり話しやすいなあと思った。話していて安心する、というか
そういえば、広中さんも結婚相談所を休会したそうで、ホッとしたと言っていた。「段々気持ちが病んで来てしまいました」と苦笑しながら言う広中さん。確かに、相談所の活動を長期続けるのは精神的に苦しい。続けるにしてもそうでなくても、一旦休会してみるといいのかもしれないと思った。
終始とても穏やかな雰囲気で、私はもうそれだけで満足してしまって、このままさようならになったとしても、落ち着いて受け入れられる気がした。

食事を終えて、話もひと段落ついたところで、広中さんが「そろそろ出ましょうか」と言うので、お会計を済ませて店を出る。
ワインを飲んだので、少しふわふわするな〜と思っていると「行きたいところがあるのですが、少し付き合ってもらえませんか」と広中さん。「?」と思いながらついていくと、何故か駅に向かう。「どこに行くんですか?」と聞いても黙ったままで答えてくれない。
狐につままれた、というか、そんな不思議な気持ちで改札を通り、地下鉄に乗る。そして駅に着いて、少し歩いて、たどり着いた場所は、夜の水族館だった。


良かったらポチっとお願いします♪励みになります♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング
おすすめ♪
【pairs】
 言わずと知れた人気のpairs♪
オーネット
 本気の婚活するならオーネット♪
パートナーエージェントのEQ診断テスト
 信頼のパートナーエージェント まずは婚活EQ診断から♪
エン婚活
 エンジャパングループが運営するエン婚活 価格設定も魅力的♪

結婚相談所 広中さん㉑優しくなった

「大変申し訳ないのですが、熱が出てしまったので、明後日の約束は無理かもしれません」

広中さんからのそのメッセージを見て、心配になって、その後少しだけ悲しいような気持ちになった。
体調が悪いなら仕方がない。無理してこじらせたりしたら良くないし、大事にして欲しいと思う。でも、やっぱり残念な気持ちにはなってしまうわけで
お見舞いに行くことも考えたけど、彼の性格から言って、断られることは間違いないだろうと思った。

少し考えて、体を大事にして欲しいことと、約束のことは気にしなくていいこと、それから、何か助けが欲しいときは遠慮なく言って欲しいことを伝えた。

それから翌日になっても返事が無く、生きているか心配になりつつ仕事をして帰宅する。シャワーを浴びて、ひと息ついて、携帯を見ると、広中さんからの連絡が来ていた。どうやら生きてはいるようでホッとした。
「この埋め合わせは必ずします」と書いてあるのを見て、何となく優しい気持ちになる。そう思ってくれただけで十分に嬉しいと思った。そしてその気持ちをそのまま伝えた。

ちなみに私の休会処理は、一度担当さんに引き止められはしたものの、広中さんと今も続いていることを伝えると、あっさり引いてくれて、無事完了した。
ここに至るまで、時々気にかけては声をかけてくれたりもしていた担当さん。実はもう一人、紹介しましょうか、と提案いただいた方もいたけれど、その時には広中さんのことを好きになってしまっていた為、お断りしたのでした

それからしばらくして、元気になった広中さんから、再びのお誘いが来た。その頃の広中さんは、以前と同じ簡潔さの中に、どことなく優しさが見えるようになっていた。
今度はテーマパークではなく、食事をしましょう、とのこと。そのお誘いを受けて、私はある一つの決意をする。
待ち合わせは冬の初め。広中さんと出会ってから半年近く経っていた。

良かったらポチっとお願いします♪励みになります♪
にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活ランキング
おすすめ♪
【pairs】
 言わずと知れた人気のpairs♪
オーネット
 本気の婚活するならオーネット♪
パートナーエージェントのEQ診断テスト
 信頼のパートナーエージェント まずは婚活EQ診断から♪
エン婚活
 エンジャパングループが運営するエン婚活 価格設定も魅力的♪
ランキングに参加しています♪
婚活関連
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ